ページトップへ

省エネ

こちらも等級などで検討される事の

多い項目ですが、昨今では、ZEHなどの

さらなる住宅まで登場しております。

今現在、ZEHは対応いたしかねますが、

省エネ等級は最高等級の4に

対応しております。

年間を通じて快適な空間を維持するには、

ぜひ搭載しておくべき

性能と言えるかも知れません。